十五夜

a0021608_7111830.jpg


セレブ氏が昨日は十五夜だと教えてくれたのです。
実は私、サザエさんちみたいなお月見だんごが永年の憧れでした。
チャンス到来、今年こそはあのおだんごを
お供えしてみようではありませんか。




というわけで昨夜(28日)挑戦してみました。
(まあセレブな野宮真貴にそそのかされたのですがね)
スーパーに行くと出入り口にススキがあって
「ご自由にお持ちください」とありました。
期待大です。
ススキは帰りがけにもらうことにし、
早速スーパー内を探索したのですが、
月見だんごらしきものは発見できず。
(スーパーでなく和菓子屋に探索に行くべきだったのでしょう)
作ることにしました。上新粉、きなこ、黒蜜を購入。
BeerとNutsに「ねるねるじぇる」とかペッツとか
ゲットされる前に早々に退散です。
帰りがけ車まで戻ってから、
ススキをもらうのを忘れたのに気付き、
引き返しました。お約束です。


a0021608_6442093.jpg上新粉に熱湯を入れてこねる、
とあります。
分量の熱湯を入れました。
表面がふやけていい感じです。
さてどうやって混ぜるのでしょうか?
手で? 熱いのではないのでしょうか?
どれ。水分があるのは表面だけで、下の方はまだ粉粉してます。
あちっ。
やはり熱いです。
あちっ。
しかもゲル状なので一旦くっつくとはがれずに熱い。
あちっ、あちっ。
もろもろしてきました。
あかなかまとまりません、お湯が足りないのでは?
しかし、昔白玉粉でお湯を足しすぎて失敗した記憶が蘇りましたので、
がんばってこのままこね続けます。
あちっ、あちっ。
もしかして何も手で混ぜなくても道具を使えばよかったのでは?
と、今気付きました・・・。


a0021608_6443379.jpgようやくまとまりました。
紙粘土みたいな感じです。
やや固いような気もしますが、
ま、いっか。これからふかすのですから。
これをぬらした耐熱皿に
小さくちぎって並べ、
霧を吹き、ラップをして電子レンジへ。


a0021608_6444225.jpgふかしあがりました。
ふあんと米っぽいいい香り。
これをすりこぎに固く絞ったふきんを
巻いた物でつくのです。
なんというか、すごい弾力です。
ついても、はねかえってくるし
まったくまとまってきません。
Beerが手伝いたがるもムリそう。
しかたないのですりこぎでこねるようにして
ムリヤリまとめていきます。


a0021608_6445394.jpg団子40個分らしいので、
40等分になるようにナイフで切ります。
手水をつけてまるめます。
なんかまるめるのにも力がいります。
Nutsは水をいたずらするだけで訳に立たず。
Beerは5つぐらいまるめたところで
飽きました。
先は長いです・・・・。


a0021608_64597.jpgじゃ〜ん!
それでもなんとかできあがりました。

←これですよ、これ!

なかなかよいではないですか。


a0021608_645215.jpgすすきといっしょに
窓辺に飾ります。

うむ。(満足)


a0021608_6453226.jpgいや、
満足はまだです。
肝心の月は?
・・・おお。
美しいです。
雲の流れが速いので
雲間から見えたり隠れたりしています。
こどもらも「みえた、みえた」と
大はしゃぎ。


a0021608_6454314.jpgというわけで
おそなえしたあとは
きなこと黒蜜でいただくことに。
なかなかおいしそうではありませんか!

「Beerちゃんおいしい?」
「・・・びみょー」

出た! びみょー。

6個盛りつけて
私・・・完食
Beer・・・1個残す
夫・・・2個残す
Nuts・・・1個しか食べず

Nuts「だってこれあまいんだもん」
Nutsは意味取り違えて現在は「あまい=まずい」というイミなのです・・・。

まあ、味は団子でしたが、
死ぬほど固かったです。
あごが鍛えられてしまいました。


まさに絵に描いた餅。


どうせ食べられないのなら
最初から紙粘土で作ればよかったのでは?
そんな自暴自棄な心の声が聞こえてきて
今回は幕と相成ります、ちゃんちゃん♪

(来年こそは、という気持ちも多少は持ちつつ)

                   -幕-
[PR]
by crazy_mam | 2004-09-29 06:44 | crazy mama