何をやっているのですか

昨日、学童の行事に出ていて左手の人差し指にさくっと、切れ目を入れてしまいました。はは。
これでも一応学童の役員だったりして「竹でっぽうを作ろう」というコーナーでサポートをすることになっていたのです。
朝の準備中、子どもたちに先駆けて作り方を教わっている最中に小刀で早速。
学童の先生が電話ですぐ診てもらえる近くの病院を見つけてくださり、直行しました。
受付をすませて待合室で待っているとき看護士さんに「学童からの電話だったので、てっきり子どもさんかと思ってました」と言われました。ははは。
いきなり行事のお手伝いを抜けた上、いつも行事のときに入っている掛け捨ての傷害保険対象第一号にもなったりして。
恐縮していると「保険はやっぱり掛けておく意味があるとわかってよかったからいいのよ」と妙な慰められ方をしましたが。
幸い縫わないですみ、全治十日程度だそうです。
みんな、血が止まらないで困ったときは心臓より高い位置にするといいって本当だったよ。ちょっと手がしびれたけどね。
[PR]