全力で楽しんだ者が勝ちである

a0021608_1822194.jpg




25日土曜日。
前日と翌日の雨に挟まれてウソのような穏やかなお天気。
Beer&Nuts、ディズニーランド初体験でした。
余りにも遅い初体験。(なぜかと言えばひとえにFunkey papaが出不精だから。)

つまり私も子連れで行くのは初めてなのですが
結論>ディズニーランドは子どもといっしょに行った方が断然楽しい。

「どうしてならんでばっかりなの? ならんでばかりでつまらないよ」と
ディズニーランドにおける「王様は裸だ」的発言を繰り返していたBeerも
ひとたびアトラクションに乗ってしまえば、もう目がきらきらです。
(ちなみに今回ファストパスは「バズのアストロブラスター」にロックオンしました)


Beerの場合、トゥモローランドさえ回れればまちがいないと、行く前からわかっていたわけですが、わけてもスター・ツアーズは特にBeerのためにあるようなアトラクションです。


【Beerとスター・ツアーズ 】

(以下ネタバレあり・注意)

↓    ↓     ↓









「楽しかった?」
「うん、でもそうじゅうしのロボットがふざけたところにワープしたんだよ」
「そうなの?」
「うん、あのロボットのせいで
 コースはずれてせんそうなんかにとつにゅうしちゃって、さいあく〜」
「でもおかげでBeerの好きなXウィングに会えたじゃん」
「うん、Xウィングきたときは、さいこうだった」
「デス・スターにも降りた?」
「うん、ひょうめんだけだけどね」
「そうか、ロボットのせいで」
「うん、あのロボットはじめてのひこうだったからね、しょうがないけどね」
「じゃあ、次行ったときはもう大丈夫だろうね」
「うん、こんどこそちゃんとスター・ツアーズのコースとんでくれるとおもう」

(えー、と。親の方は話し合わせてますが
 Beerくんのほうは演技ではなくきっちりマジ・モードです)


と、Beerですらこうですから、もうNutsさんなんか全身本気モードです。「スターツアーズ」はBeerと違うグループでの搭乗になってしまったのですが終わって降りるときに「Beerくんがいない」と泣き出してしまいました。Nuts的にも「これはいかにもBeerくんが気に入りそうだ」と思ったのでしょうか? 「Nutsが乗ったのは2号機だけどBeerは1号機のほうに乗ってたから大丈夫」と言っておきましたが。

並んでいる間は「おうちかえりたーい」と言ったり、あげくはうとうとしたりと大変でしたが、アトラクションが終わると「Nutsちゃん、いまのがさいこうたのしかったー」
楽しみ方は達人の域です。

「ピノキオ」や「カリブの海賊」レベルでもNutsさえ隣にいれば100倍は新鮮に楽しめます。本気でヒっと息を飲んだり、キャアと悲鳴をあげたり、ホ〜ッとため息をついたり。その横顔を見ているだけでこっちは十分おもしろいわけです。「ガジェットのコースター」は乗っているときはひやひやしましたが降りたら「ぜんぜんこわくないよ、つよいもん」と強がってました。

パレードでは全身全霊で「ミニーッ!!!」と手を振ってました。最後はちゃんといっしょに踊ってたし。悔やまれるのはプリンセスのダンスレッスン(ブーケ・オブ・ラブ)の申し込みに間に合わなかったことくらいでしょうか〜。

ちなみにただいまプリンセス・デイズ開催中なんです(4/4まで)。小さいお嬢さんのいるご家庭は朝一番に「ブーケ・オブ・ラブ」をチェックですよ〜。なんと、小さい女の子は先着申し込み順でプリンセスのドレスを着せてもらってダンスレッスンをしたあと一日中そのドレスを着たままで園内を歩き回れるのですよ! 園内ちびプリンセスだらけ。Nutsのうらやましがることうらやましがること。
Nuts、下調べ不足でごめんよ。

a0021608_18251084.jpgミニーの耳を買ったにもかかわらず、おねだりに負けてマリーの耳も買わされました(Funkey papaが)。つけてみたら、こっちのほうが断然似合ってた(親バカモード全開中)。
[PR]
by crazy_mam | 2006-02-28 18:25 | Macho Babies