再びはためいた

a0021608_2044939.jpg縫い目がすっかり裂けてしまった私のフラッグは審査後、フラッグを作った業者さんに補修に出していただけることに。8日は岐阜は信長祭りだし週明けにでも、という話でした。ところが8日「こよみのよぶね」作りに参加したあと駅に向かって歩いていると、なんと! 私のフラッグを揚げようとしているではありませんか。早い。もう補修してくださったのです。これはうれしかったです。帰る前に再びはためく姿を見ることができました。

a0021608_21131062.jpg私のフラッグのある場所はLOFTの前です。黄色がとてもよく似合う。ね、愛のあるスタッフでしょう?





a0021608_2044925.jpg旗の下で。
なぜか椅子をかばんのように袈裟掛けにした男児。きみはなぜ椅子を運んでいるのですか?



【追記】
a0021608_1084292.jpg 持ち物としてスケッチなどに使う携帯折り畳み椅子があると便利、と聞いていたのに当日まで忘れていました。それで現地入りすると目の前はLOFT。もしかしたら、椅子が手にはいるのではと思わず入ってみました。残念ながら見つかりませんでした。そしてお風呂用の小さい椅子をかばんにもなんとか入りそうだと思い買ってしまいました(まちがいだらけの椅子選び)。で、旅の間中ずっと無意味にかばんに入れて持ち運んでいました。・・・花壇の縁とかも腰掛けられたし、アクシデントでのんびり座っているヒマもなかったし使わなかった・・・。行きの新幹線で座れなかったので帰りに活躍するか、というのも頭にあったのですが帰りはゆったりシートに座れました。はるばる岐阜から運ばれて今は我が家のお風呂場で活躍中です。

 というわけでこのとき少年に非常に深いシンパシーを覚えたのです。

よう! 椅子運び仲間。
[PR]