観てきました【サンダーバード】

ひとりサンダーバード・キャンペーン実施中
というわけで行ってまいりました、日曜に。

結論から申しますとおもしろかったですよ。
あとからよく考えれば、確かに「?」なとこや
惜しいトコもいっぱいありますが
観ている間は存分に楽しめました。
a0021608_2202621.gif


まずですね、
オープニングのタイトルバック
60年代風CGアニメーション!
これむっちゃカッコイイ、です。
私これだけのためにでもDVD出たら買います、たぶん。

で、子連れですんで当然日本語吹き替えなわけですが
懸念のV6の吹き替え、まったくオッケー、オッケー。
というのは、気になるほどトレ-シー一家が出てこない、
アラン以外は(^^。
なんじゃそりゃ、とお思いでしょう。
ダメじゃん、と。

しかし、しかしですねぇ。
トレーシー一家は脇に食われてます。
というのも裏返せば死ぬほど脇がよいんですね、収穫なんですね。

まずはもちろんレディ・ペネロープとパーカー。
最高ですよ〜。ついでにペネロープ邸のワードロープも最高♪

次にブレインズ。イメージぴったりです。
ヘンな研究も進行中でワクワクです。
そして見終わった後Beerが口にした言葉
「しかしブレインズにこどもがいたとはおどろいたよ〜」
ママもおどろいたよ〜(笑。
・・・のブレインズの息子、ファーマット君。
ママは誰? どこ? とのツッコミは置いておいて
この親子が科学談話を戦わせてるシーンなんか最高です。

そして敵役大物フッド。
これがそっくりなんだわ、人形そっくり(笑)。
芝居もでかくていいぞ。
手下二人もいいぞ、特に久本雅美似の女科学者がいいぞ。

女的視点ではございますが
衣装、美術サイコー♪
忠実に再現された60年代風ポップモダンな
トレーシー・アイランドの基地。
ペネロープさんのおしゃれなファッションに釘付け。
そんなとこで着替えんだろう、というとこでも
次々に衣装替えして出てくるところなぞも
TVシリーズに忠実です。

そしてメカ。
振り返ればあまりにも出番が少なかったメカ。
しかし短いながらも、その実写シーンは鳥肌モノ。

もりもりさんがおっしゃる通り↓。
「サンダーバード」(詳報)頼む!みんなで救助してやってくれ〜(爆)!
ストーリーの大半は「スパイキッズ」みたいやん。
でも「スパイキッズ」的におもしろくはあります。
「ハリポタ」意識してるだろう説もありますが。

ただしアランは
幼なじみのファーマットとティンティンに
完全に食われてますね。
(ティンティンに関しては
 TVシリーズも吹き替えで慣れ親しんでいるもので
 心の中ではミンミンと呼んでましたが。)
3人のジャングルのシーンでは
アランを除いた二人だけで進行してもオッケーなくらい
一番活躍しないのがアラン・・・かわいそう(笑。

彼らが地上で活躍してる間、
トレーシー一家の父と5人の兄は
フッドのミサイルにやられてゆっくり降下中の5号の中で
「酸素はあと40分」とかやってます。
ピンチ寸前までほとんど放置プレイです。

Beerはずっと食い入るように観ていて
子どもたちの活躍するシーンも笑っていましたので
どこが一番おもしろかった?と聞くと
「4号が水に沈んだモノレールを助けるところと
 5号を3号が助けるところ」

おお。やっぱり救助シーンがいいんだ。
さすがマニア。

少なかったですね、救助シーン。
それに水の中でモノレールにワイヤーをかけるところ。
ティンティンが生身で水に飛び込んであっさりかけてしまうんですよ。
やっぱりサンダーバードなら、
アームでかけようとするが失敗、
更に拾ってもう一度、というようなイライラするシーンで
引っ張ってほしかったです。

それでもやっぱり
この映画が本当に「サンダーバード」を愛する人が作ったことは確か。
私は気づかなかったけど、夫が言うには
生身の人間の手なのにわざわざ糸をつけて撮影してる
シーンが一瞬だけあったそうです。

ペネロープさんの携帯着メロが往年のサンダーバードOPだったので
ほしくてほしくて早速さがしました。

着メロ
できれば無料のがみつからないかな、と探索中。

ほかにもワイヤーなど笑える小ネタが満載でした。

*音楽? 挿入曲、昔のをかっこよくアレンジしてあって
 ばっちしですよ。
 エンディングのV6も、さして違和感ないっす。
 BUSTEDにしろ、どっちもアイドルっぽくて似てますもん。
 もとがB級なのだからこういうとこも
 B級な仕上がりでそれなりにしっくりきてます。

---------------------------
映画「サンダーバード」救助活動
間に合わなかったような気がしますが、
続編はもちろん、あの役者たちと実写メカで
TVシリーズにでもしていただきたい気持ちでいっぱいです。
確かにこの1本だけではもったいなさ過ぎる!


★救助仲間発見!
Road to XYZさまより
映画「サンダーバード」

映画館の暗闇に包まれてさまより
サンダーバード

cinema diary+さまより
「サンダーバード」

B級ブログさまより
ひとりアンダーソン祭り・最終回『スペース1999』

--------------------------
ついで・・・予告編観て期待大「絶対観るぞ」な映画
スウィング・ガールズ
Mr.インクレディブル
ターミナル
[PR]
by crazy_mam | 2004-09-07 21:57